出会い系メールのコツ

メールは長ければいいなんて思っていませんか。
よく恋愛関係を成就している女性の不満として、彼のメールが短文で素っ気ないなんてことを耳にしているため、兎に角メールは長文を心がけているって男性。
はっきりいって勘違いです。
これはあくまで恋愛関係をすでに成立させている男性への要望なのです。
まだ恋愛関係を築いてもいない。
まして出会い系ならば、顔すら実際に会ってみたこともない相手なわけですから、長文を送っても、気持ち悪がられるだけです。
出会い系のメールの基本は短文です。
短文といっても、一言メールではないですよ。
特に有料サイトなどを利用していると、1通に○○ポイントなんてお金がかかるために、文字数を最大限に使って、言いたいことや要求などを詰め込んでしまうタイプの男性を見かけますが、はっきりいって怖いんです。
基本的には長すぎないような文章で、疑問符の?をつけること。
これによってメールにテンポが生まれます。
会話に焦っていると思われるのも、マイナスの印象を与えますし、話を「そうだね」の一言返しで終わらせてしまうのも、印象はよくありません。
早い段階でメールでのキャッチボールが終わった場合には、次からのメールが億劫だと思われがちですから、気をつけましょうね。